FC2ブログ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
 痴漢犯人を捕まえてしまいました。私が捕まったんじゃないですからね(汗)。通勤時の電車を降りたら、女子高生が男子高校生の腕をしっかりとつかんで、「この人、痴漢です!。誰か、お願いします!」と必死に叫んでいました。私は彼の腕のつかんで、「行こう」と言って鉄道会社の事務所へ向かいました。彼はうなだれて意気消沈していました。「君は本当に痴漢をしたの?」と彼に聞くと黙っていました。「したならした、してないならしてないと、はっきり言った方がいいよ」と言うと、「しました」と応えました。被害者の女の子はしっかりした子で、精神的に深く傷ついているような心配はなさそうでした。
 女性からの誤解・反論を恐れずに言えば、思春期の男の子とはそういう生き物です。本能です。妄想もしてしまいます。それを否定するのは簡単ですが、内なる想いを正直に正面から受け止めた上で、その想いを理性で上手にコントロールするのが最善の策だと思います。無理に内なる想いを押さえ込もうとすると、無理が生じます。押さえ込むのではなく、想いを認めた上でコントロールする。例えば、育児ノイローゼを感じるママは多いです。あまりに言うことを聞かず、手がかかり、自分の時間などひと時もないため、我が子を憎く思うことも少なくありません。しかし理性でコントロールするのが母親です。不幸にもそのコントロールができないママ達が、乳幼児虐待に走ってしまいます。心の問題です(もちろん、ママだけの問題ではなく家族の協力が得られるかどうかも関わってきますが)。思春期の男の子はみんな、育児期のママ達はみんな、同じような想いを感じています。健全な心があれば、痴漢も虐待も思い留めることができます。感じることは悪ではありません。むしろ自然であり、感じないほうが心配です。感じるけれど、感じたままに行動するのではなく理性でコントロールするのです。
 彼があまりにうなだれていて、彼の今後が心配なので、警察官が来るまで待っている時に以下のことを伝えました。
・みんなが君と同じことを感じてはいるけど、やっていいことといけないことがある。これは明らかにやってはいけないこと。他の動物とは違って、人間には理性があるからね。
・女の子は弱いんだから、こんなことをするんじゃなくて、助けなきゃ。
・今回は確かにすごく悪いことをした。だけど、これから二度と悪いことをしなければいいんだ、これを機会に反省して、これからの人生に活かせばいいんだ。これは確かに失敗だけど、君の人生が失敗したわけじゃない。この失敗を活かすかどうかが、これからの人生に大事なんだ。それに気づけば、これは失敗じゃなくてチャンスかもしれないよ。
・君のお父さんぐらいの歳の人が同じことをして捕まることもあるんだよ。恥ずかしいよね。大人なのにね。君はまだ若いんだから、これから二度と悪いことをしなければいいんだよ。でも、彼女には本当に悪いことをしたから、すごく反省しなきゃね。
 駅員さんや警察官は事務的に処理を進めていましたが、相手は子供です。大人の犯罪者とは違います。子供の心を考えた対応をすべきだと思います。悪いことをしたのに、自分の知らない大人が自分のことを心配してくれている。そう彼が感じれば、今後の彼の思いや行動は良い方向へ変わるでしょう。大人がだらしないから子供がおかしくなるんです。子供に責任はありません。親や周囲の大人たちに原因があります。完璧である必要はありませんし、完璧にはなれません。ただ、子供に対して胸を張れるような生活を送りたいものです。
 彼は私立高校生でした。退学にならないかも心配です。悪いことをしたから退学、という、教育のポリシーのかけらも感じられないような高校でないことを祈っています。悪いことをしたなら、今回の事をどう思うか本人に考えさせ、同じことを繰り返さないように導くのが教育だと思います。ただ、そこまで学校には求めません。その義務は親にあるからです。そのヘルプができる学校であれば素晴らしいと思います。痴漢をしたからといって、ただ事務的に退学させるなら、そんなことはアルバイトでもできます。それは教育放棄であり、教員としての努力は何もなく、ただ面倒なことから逃げているだけだと私は考えます。「学校」が聞いてあきれます。一度悪いことをしたからという理由で、学ぶ機会を強制的に奪うんです。そんなものは決して学校ではありません。
 少々熱くなりましたが、今回の件でそんなことを感じました。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 さわやかファミリー【子供・家計・健康のバランス】 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。